フェアプレーポイントで敗退も、セネガル代表シセ監督に集まる「男前」の声

スポーツ2018年6月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ロシアで開催中のW杯。日本代表は、6月28日に行われた1次リーグH組最終戦でポーランドに0-1で敗れながらも、勝ち点4で並んだセネガルにフェアプレーポイントで差をつけ、決勝トーナメント進出を決めた。

「フェアプレーポイント」という言葉、初めて聞いた方も多いだろう。イエローやレッドカードの枚数などに応じ、減点されるという仕組みで、実は、今大会から導入された制度である。グループリーグの順位を決める際に考慮されるものだ。...

記事全文を読む