静岡・看護師遺棄事件「主犯自殺」で「県警捜査ミス説」と残された「謎」

社会2018年6月20日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 言うまでもなく、最悪の結末だろう。静岡の看護師連れ去り・遺棄事件で、県警が主犯格だとしていた男が自殺した。新潟県長岡市出身で住所・職業不詳の芥川豊史容疑者(39)の遺体が新潟市内のビジネスホテルで発見されたのだ。

 ***
...

記事全文を読む