訪日客過去最高も「旅行業界」の大苦境 近ツリ社長が“無配”返答

企業・業界週刊新潮 2018年6月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年、日本を訪れた外国人は2869万人と過去最高を記録した。今年も堅調に増加し、ホテルやデパートなどは少なからずその恩恵に浴している。だが、その一方で大手旅行会社は苦境に陥っているという。

 近鉄グループの旅行事業を統括し、近畿日本ツーリストなどを傘下に置く、KNT-CTホールディングスは5月28日、機関投資家やアナリスト向けの決算説明会を開催した。...

記事全文を読む