幼妻は「紀州のドン・ファン」から離婚を切り出されていた 怪死の1週間前

社会週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 愛犬の亡骸掘り起こしなど前代未聞の捜査が行われる「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の怪死事件だが、依然としてナゾは解明されず。読み解く鍵になりそうなのは、野崎氏と22歳幼妻の“夫婦仲”。死の1週間ほど前には、妻・Sさんへ三行半が突き付けられていたという。

 ***...

記事全文を読む