福島県で「梅毒患者」が急増中

ライフForesight 2018年6月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 福島県で梅毒が増えている。2016年の人口10万人あたりの梅毒患者数は3.63人。これは東京都、大阪府に次いで第3位だ。2014年まで全国で40位以下だったが、急増した。

 状況は現在進行形だ。今年5月1日、いわき市保健所は4月22日現在の梅毒患者数が20人であると発表した。ここ10年で最悪のペースだ。2014年、いわき市内の感染者はゼロだったが、2015年以降に急増した。

 なぜ、福島県で梅毒患者が急増したか、正確な理由はわからない。今後の研究が必要だ。...

記事全文を読む