帝国ホテルの「靴磨き職人」が見た戦後 “ドロンを磨いた布が欲しい”とファンからねだられ…

ビジネス週刊新潮 2005年1月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「帝国ホテルの靴磨き」が見た華麗なる戦後史(上)

 多くの著名人を唸らせてきたプロフェッショナルが、東京・帝国ホテルの地下にいる。靴磨きコーナーに陣取るキンちゃんは、戦後から靴を磨き続けてきた知る人ぞ知る存在だ。以下は、当時71歳の職人が語った“華麗なる戦後史”である。(※週刊新潮2005年1月13日号より)

 ***...

記事全文を読む