1泊500万円「安土城ホテル」 新たな“国主”が意図を語る

社会週刊新潮 2017年4月6日号掲載

 あの「ザ・リッツ・カールトン東京」の最高級スイートでさえ1泊200万円程度というから、“超”強気の価格設定だ。

 三重県伊勢市にあるテーマパーク「伊勢安土桃山文化村」の中にある「安土城」の実物大レプリカが、超高級ホテルに生まれ変わる。お値段、1泊500万円也。

 地元紙記者が言う。

「ここはもともと、『日光江戸村』の兄弟分として1993年に開業しました。10万坪の広大な敷地に戦国時代の街並みを忠実に再現し、遊びながら歴史を学べるスポットとして、当初こそ来場者が年間200万人は訪れるほど人気だったのですが……」

...

記事全文を読む