「5人に2人が外国人」の街も! 日本はすでに「移民大国」になっていた

国際2018年6月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

増え続ける外国人労働者

 5日、政府が発表した「骨太の方針」の素案に含まれている、外国人就労者の拡大が波紋を呼んでいる。少子化が進み、特に人手不足が懸念される介護、農業、建設、造船、宿泊の5分野で外国からの人材を積極的に受け入れていく、というのだ。

 安倍首相は「即戦力となる外国人」をどんどん受け入れる必要を唱えてはいるが、そもそも外国人労働者や移民については、国内の世論も二分されており、今回の方針についても賛否が分かれることだろう。...

記事全文を読む