入院説も流れた「日本大学“炎上司会者”」の休日

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ピンクのポロシャツに5月の風をはらませ、土曜午後の都心を駆け抜ける。今般の“日大アメフト事件”で、主役たちを差し置いて耳目を集めた“あの司会者”の休日である。

 日大広報部顧問・米倉久邦氏(75)は、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(29)による5月23日の緊急会見で進行役を務めると、詰めかけた記者団と激しい舌戦を繰り広げた。...

記事全文を読む