スパルタ刑務所で“ゴマスリパシリ”だった平尾脱獄囚 逃亡成功で周囲からヒーロー扱い?

社会週刊新潮 2018年5月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

タフガイ脱獄囚が耐えられなかった「スパルタ獄窓記」(下)

 22日間の逃亡生活に耐えた脱獄囚・平尾龍磨(たつま(27))が音を上げた“スパルタ刑務所”の実態を、受刑者のリーダー役「会長」だった男性が解説する。平尾が脱獄した松山刑務所・大井造船作業場は、面会や手紙のルールがゆるく、受刑者たちは敷地内の寮で生活し、寮生が独自のルールにしたがって動くという。...

記事全文を読む