添乗員がとんでもガイド! 韓国発「対馬ツアー」に潜入したら……

社会週刊新潮 2018年5月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

韓国発「対馬ツアー」に潜入したら――ライター・崔碩栄(上)

 街中にハングルの看板が立ち並び、どこを見回しても韓国人観光客ばかりの長崎県・対馬。“いずれ韓国領になる”とうそぶくガイドもいるというが、韓国人観光客は、この島をどう見ているのだろう。ツアー客の一人になって釜山発「対馬ツアー」に潜り込んでみた。

 ***

「韓国人向けの対馬ツアーに参加してみませんか? 韓国人の観光客がどんな説明を受けて、対馬をどう見ているのか知りたいのです」

 編集部からこんな声がかかったのは、筆者が韓国生まれの韓国人だからである。

 ここ数年来、日本では対馬の“韓国化”が盛んに報道されている。年間36万人の韓国人観光客が訪れるこの島には、いたるところにハングルの看板が林立し、韓国資本による土地買収も進んでいるという。また、観光客で潤うのは韓国人相手のホテルや土産物屋ばかりで、地元住民は、むしろ警戒心を強めているとも。

「対馬はもともと韓国領です。いずれきっちり韓国の領土になりますから」

 日本の新聞報道によると、こんな冗談ともつかぬ話をする韓国人ガイドもいるというが、韓国人にとって対馬とは、どうやら特別な存在らしい。それを見聞するべく、対馬ツアーに参加することにした。

 対馬ツアーは釜山から出発するのが最も手軽だ。早春のとある土曜日の朝、釜山港国際旅客ターミナルに向かう。ロビーは旅行客で一杯。その多くは対馬行きのツアー客だ。定員は30名程度。それを1人のガイドが引率する。ツアー料金はガイド付きで約3万円(1泊2日)である。

 集合時間になり、女性ガイドが現れた。彼女はツアー客のパスポートを確認し、乗船券と昼食用の弁当を配る。釜山港での出国審査は、空港に比べると簡素なもので、素通りのように出国することが出来た。

 高速船「ビートル」に乗り込むと、韓国語でこんな会話が聞こえてくる。

「これ(船)が転覆したら窓を割って逃げ出さないと……」

「座席番号は事故が起きたときに、遺骨を収集するのに(身元がすぐに調べられるように)貼っているんだよ」

 セウォル号沈没事故の影響は今も影を落としているようだ。

次ページ:消された「日本海」の文字

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]