ブルゾンちえみ、1年で失速 本人語る「『35億』超えはしんどい」

エンタメ 芸能 週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • ブックマーク

〈男はガムと一緒。味がしなくなったら、また新しいガムを食べればいい。だって、地球上に男は何人いると思っているの?……35億〉。こんなセリフで、お茶の間を席巻したブルゾンちえみ(27)。だが、ネタが続かなければ一発屋に終わるのが芸人の世界だ。最近は、すべり気味ともいわれるブルゾンだが“生き残り”の二発目はあるのか、本人に聞いてみた。

 ***

 ブルゾンちえみがブレークしたのは、2017年の元日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日テレ系)である。

「あの番組はオーディションが6回も7回もあるんです。だから合格するたびに宝くじに当たったような気持ちでした。自分の出演部分は家で見ていたのですが、終わったらずっと携帯が鳴りっぱなし。ツイッターもフォロワーが900人ぐらいだったのが、いきなり数千。今では66万人まで増えています」

 そのブルゾンは岡山出身。教育者一家に生まれ、島根大学教育学部に進んでいる。だが、何を思ったか大学3年で中退してしまう。

「私が入った教育学部は、先生になりたい人ばかりで皆目標があって生き生きしているんです。だけど、私は教員免許を取っておけば何とかなるだろうと思ったぐらいで、結局やりたいことが無くて学校をやめたんです」

 それからは、劇団に所属したり、音楽専門学校に通うなど、やりたいことを探す日々。そして5年前、ワタナベエンターテイメントカレッジに入学したことが芸人の世界に入るきっかけに。ブレークしてからの活躍ぶりは言うまでもない。

次ページ:「徹子の部屋」が目標

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]