レーガンの電話で共同ミッション、日本の密使が動いた「米国人質」奪還作戦――NAKASONEファイル

政治週刊新潮 2018年2月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

機密指定解除「NAKASONE」ファイル(6)

 休暇中の中曽根康弘総理にかかってきた、ロナルド・レーガン米大統領からの電話。レバノンで起きた誘拐事件の人質にCIAベイルート支局長が含まれ、解決に協力してほしいという。電話の仕掛け人はジョン・シャヒーン。安宅(あたか)産業を破綻に追い込んだとされる男である。

 ***...

記事全文を読む