「山辺節子」判決手記 借金返済のため架空投資、若いツバメとタイ逃避行…支配した“生き物”の正体

社会週刊新潮 2018年4月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「超女子力オバサン」が拘置所で綴った「だから私は愛される」(下)

 出資法違反容疑で国際手配もされた山辺節子(63)が「週刊新潮」に寄せた手記には、幼い頃から己を支配してきた“生き物”が登場する。その“生き物”に突き動かされるようにして、彼女は男を支配する術を使って「支援者」を次々と獲得。クラブママ、歌人、そして会社社長とめまぐるしく〈ステージ〉を変えていった。だが、山辺の人生の“頂点”はやがて下降線を辿り始める。

 ***...

記事全文を読む