元財務官僚・山口真由が語る「福田セクハラ次官」――“出世レースに生き残る男”

政治週刊新潮 2018年4月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 東大から財務官僚を経て、法曹の世界に転じた山口真由氏。世のあらゆるエリートと接した体験を綴った『いいエリート、わるいエリート』(新潮新書)によると、財務省の人事は、評価の高い人材を地味なポストに置くこともあれば、その逆もあって、評価が分かりにくいという。(※記事内容は「週刊新潮」4月26日号掲載時のもの)...

記事全文を読む