「セクハラ次官」に#MeTooの声を上げる被害女性たち その評を聞くと…

政治週刊新潮 2018年4月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 匂いは記憶の喚起装置といわれる。芥川龍之介の短編「世之助の話」には、〈少くとも私にとつては、大抵な事が妙に嗅覚と関係を持つてゐる〉とあり、主人公は成人してからも、墨の匂いを嗅ぐと手習いに行っていじめられた過去が甦るという。さて、彼女たちの場合はどうか。(※記事内容は「週刊新潮」4月26日号掲載時のもの)...

記事全文を読む