「血がつながっているから子どもを愛せる」のか(古市憲寿)

社会週刊新潮 2018年4月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 21世紀になってから随分経つ。インターネットの普及で世界中の情報はすぐに入手できるようになったし、有名人の悪口をいくらでもつぶやけるようにもなった。子どもも大人も、橋田壽賀子さんまでがスマートフォンを持ち、情報を検索する。30年前の人がタイムスリップしてきたら、その光景に驚くはずだ。どうしてみんな、下を向いて小さな板をいじっているの、と。...

記事全文を読む