鈴木亮平主演「西郷どん」に登場した“妖しい僧侶”月照とは? 歴史家・磯田道史のディープ解説

社会2018年4月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 スタートから3カ月が経ち、いよいよ盛り上がりを見せる「西郷どん」。男臭い出演者が多い中で異彩を放っているのが、最近登場した尾上菊之助演じる僧侶「月照」だ。どこか中性的な妖しい雰囲気を漂わせている。

 歴史教科書にはあまり出てくる人物ではないので、幕末関連の小説や漫画に親しんでいない方には馴染みが薄いかもしれないが、この僧侶、西郷隆盛の人生、ひいては日本史には大きな影響を与えた人物である。

 ドラマの時代考証もつとめた磯田道史さんの解説を、新著『素顔の西郷隆盛』から抜粋、引用して紹介しよう。...

記事全文を読む