北島三郎次男、大原麗子も… 年間3万人「孤独死」の検証

ライフ週刊新潮 2018年3月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 最期は看取られたい、看取りたいというのが大方の願いだと思うが、それが叶わない人が年々増えている。北島三郎の次男だけではない。突然死したまま、何日も何週間もだれにも気づかれない孤独死。そこには寂しさという言葉だけでは語れない問題も潜んでいる。

 ***...

記事全文を読む