70歳以上のファン垂涎 CDで売れる“ハイカラ”S盤アワー

エンタメ週刊新潮 2018年3月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「“S盤アワー”とは、懐かしい。小中学生の頃、熱中して聴いていました」

 そう語るのは、作家の山口文憲さん(70)。3歳でヴァイオリンを始め、小学校にあがる頃は洋楽、特にアメリカン・ポップスに惑溺する日々だった。...

記事全文を読む