夫の金塊密輸で捜査対象? 元トップモデル「高垣麗子」の言い分

芸能 週刊新潮 2018年3月22日号掲載

  • ブックマーク

「貴金属」が万人に幸せをもたらすとは限らない。先ごろ警視庁に逮捕された金塊密輸グループの主犯格は、ファッションモデル・高垣麗子(38)の夫で、彼女の前夫はご存じスピードスケート金メダリストの清水宏保(44)。これも数奇な繋がりというべきか。

 ***

 7日、警視庁組織犯罪対策四課に逮捕されたのは、高垣の夫でミュージシャンの森田昌典(41)と、男女2人。

「容疑は昨年11月中旬、香港から金地金4キロ(販売価格1880万円相当)を密輸し、消費税およそ147万円を免れようとしたというもの。運搬の実行役は女で、森田が資金を提供し、もう1人の男が現地での買い付けを指示していました。羽田空港の税関で、女のリュックサックを不審に思った職員が調べたところ、ノートに挟まる形で1キロの延べ板が4枚見つかったのです」(警視庁担当記者)

 金の価格は世界共通であり、密輸入して国内で転売すれば消費税分の利ザヤが稼げる。が、1回の実入りは少なく、繰り返し行われるのが実態である。

「森田は今回、渡航していませんが『昨年夏から密輸を始めた』と供述。実際にこれまで、不自然なほど頻繁に香港への渡航を繰り返しています。当局は、森田も現地で常習的に買い付けていたとみていますが、とりわけ関心を寄せているのは、一連の密輸の金主です」(同)

次ページ:「今のところ警察は…」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]