「私はなぜ家族を殺めたのか」 日立妻子6人殺害事件 夫である犯人「悔恨の手記」

国内新潮45 2018年4月号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年10月6日早朝、茨城県日立市に住む小松博文(33)が警察署に出頭した。妻と5人の子供を包丁で刺し、自宅アパートに放火したという。5人は即死、小学6年生の長女のみ病院に搬送されたが、死亡。小松は緊急逮捕され、「妻から別れ話を切り出された」と供述した。

 小松を救いのない狂気に駆り立てたものは、何だったのか。前編後編に分け綴られる悔恨の手記。今回はその前編の一部をお届けする。(以下、「 」内、「新潮45」2018年4月号より抜粋、引用)

 ***...

記事全文を読む