厚労省「インチキデータ」検証 担当者は取材に“ファックスが席から遠いので”

社会週刊新潮 2018年3月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“捏造”中毒の厚労省は受動喫煙データもインチキだった(下)

 働き方改革だけではなかった、厚生労働省の「インチキデータ」。「禁煙原理主義」として知られる同省のHPには、〈同一条件下(中略)で室内のニコチン濃度を測定したところ、紙巻きたばこ(1000〜2420マイクログラム/立方メートル)に比べ、加熱式たばこ(26〜257マイクログラム/立方メートル)〉とのデータが記されている。

 紙巻きより低いとはいえ、加熱式の煙にもニコチンが含まれていることをアピールしているわけだが、この数値は国際がん研究機関(IARC)の調査よりも、約80倍もニコチン濃度が高くなっているという。...

記事全文を読む