“サーヤ”の夫・黒田慶樹さんの慎ましい夕食 「大戸屋」で黒酢あん定食をひとり頬張る

社会2018年3月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 眞子さまとの“結婚延期”が発表された小室圭さんの例を出すまでもなく、皇族の“お相手”となる人物には、なにかと関心が集まるもの。遡ること約10年前には、サーヤこと清子さん(48)の夫・黒田慶樹さん(52)がその対象だった。

***

 もともとは秋篠宮殿下の学習院初等科のご学友であった黒田さん。殿下の妹である清子さんとも顔見知りであったといわれるが、お2人のご交際が始まったのは、2000年代に入ってからとされている。そして04年11月に“清子内親王”との婚約内定が報道された。

 たとえば朝日新聞は、〈メール・手紙が心結ぶ 婚約内定の紀宮さまと黒田さん〉(04年11月15日付朝刊)との見出しで、こんなエピソードを紹介している。

〈長い年月を経ての再会。紀宮さまは、少女の面影を残しながらも、落ち着いた大人の女性に成長していた。ある関係者によると、黒田さんは「あんな思慮深い女性に会ったのは初めてです」と、強い印象を受けた様子だったという〉

〈仕事で帰宅が遅くなることが多い黒田さんと紀宮さまは、メールでやりとりすることが多かった。互いの思いをつづった手紙は、秋篠宮さまがそれぞれに届けた〉

 それから13年あまり――。黒田さんは意外なところで、その慎ましい暮らしが目撃されていた。定食チェーン「大戸屋」である。

次ページ:“夫婦参加”をドタキャンも…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]