大雪で大停電寸前だった首都圏 使えない「太陽光」に血税を流した戦犯は

社会週刊新潮 2018年3月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

使えない太陽光に血税を流した戦犯は誰か(上)

 太陽光発電は安全で環境にやさしい、と信じる人は、失礼ながら「おめでたい」。大寒波で太陽光パネルが雪に埋もれる間、首都圏は大停電の危機にあったのだ。

 ***...

記事全文を読む