小学校「8万円制服」問題が示す学校の闇――古谷経衡氏が斬る「極論の温床としての学校」

社会2018年2月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

8万円制服の波紋

 銀座にある泰明小学校の制服が高額すぎる件が、物議を醸している。賛否両論というよりは、批判的な意見が圧倒的に多いようだ。「見た目が9割」なんだし、一流の制服を――という校長の気持ちもわからなくはないが、それにしても一式8万円とは非常識だ、極端に過ぎる、というのが大方の感想だろう。

 なぜ校長は、極端な方向に突っ走ってしまったのか。...

記事全文を読む