団体戦回避の羽生結弦、メダルの可能性は 90日間「リハビリ」の内幕

スポーツ週刊新潮 2018年2月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2月9日の開幕迫る、2018年平昌五輪。フィギュアスケートの羽生結弦(23)は「団体戦」を避け「個人戦」だけに絞ることが明らかになった。その演技が見られるのは16日のSP(ショートプログラム)から。金メダルへの大技ジャンプは、果たして――。

 ***...

記事全文を読む