「武井咲」産休で「芳根京子」が生みの苦しみ 「海月姫」大苦戦

エンタメ 芸能 2018年02月05日

  • ブックマーク

 フジの看板ドラマ枠といえば、「月9」である。1990年代には「東京ラブストーリー」「ひとつ屋根の下」「ロングバケーション」など、視聴率30%超えのヒット作を連発。が、ここ数年来、過去の栄光は風前の灯と化している。今期の「海月(くらげ)姫」も8・6%発進と大苦戦。ただし、この結果は、産休中の武井咲(えみ)(24)にも少なからず原因が……。

 1月15日から始まった「海月姫」は、漫画家・東村アキコの累計発行部数440万部超の同名コミックが原作。クラゲ大好きの田舎のオタク女子が上京し、やがて新たな生き方を見つけてゆくというラブコメディだ。2010年にアニメ化され、14年には能年玲奈主演で実写映画化もされた。今回の月9では、一昨年にNHKの朝ドラ「べっぴんさん」でヒロインを演じた若手女優・芳根(よしね)京子(20)を主演に起用。彼女にとって民放では初の大役となる。

 とはいえ、なぜ芳根が抜擢されたのか。番組関係者が声を潜めて言う。

「実は今回の月9には、すでに昨年4月の段階で、TOKIOの長瀬智也くんと女優の武井咲さんが出演した水曜10時のドラマ『フラジャイル』の続編を持ってくることに決まっていました。芳根さんは、本来はその続編のメインキャストのひとりとして出演するはずだったのです。しかし、武井さんの結婚と妊娠が発覚したことで、企画そのものが吹っ飛んでしまった」

次ページ:はじめに主演ありき

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]