AV出身「元日経記者」が明かす職場不倫経験 必要なのは“理性的な割り切り”

社会週刊新潮

  • 共有
  • ブックマーク

職場不倫は誰もが巻き込まれる――鈴木涼美(下)

「東大AV女優」「日経AV記者」などの肩書きをもつ文筆家の鈴木涼美氏が、自身の体験をもとに綴る“警告”後編である。鈴木氏によれば、会社員としての女性社員の生き様は、大きく分けて「社外評価重視型」と「社内評価重視型」の2つ。前者のタイプだった鈴木氏は、仕事姿勢をフォローしてもらうために社内の人間と肉体関係になった経験があり、毎回、大変悲惨な事態に陥ったという――。

 ***

...

記事全文を読む