放置すれば腸に穴が開く! 大腸のカビが「がん」「認知症」の原因だった

ライフ週刊新潮 2018年1月4・11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

大腸のカビが「がん」「認知症」の原因だった――ファストロ滋子(上)

 腸が見直されている。単なる消化器官にとどまらない最大の免疫器官で、脳にも影響をおよぼし、腸内環境が悪いと老化にも直結する――。ところが、そんな腸にカビが繁殖するという。しかも放置すればそこから穴が開き、毒素が漏れてしまうというのである。

 ***

...

記事全文を読む