中森明菜ディナーショーに行ってみた 自虐ネタに拍手喝采

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 ディナーショーという形で7年ぶりにファンの前に姿を現した中森明菜(52)が昨年末も各地でディナーショーを開いた。“30分で完売”のプラチナチケットだというが、いったいどんなショーなのか。

 ***

「30分じゃないです。30秒で“売り切れ”でした」

 と明かすのはファン歴25年の男性である。

「でも、カード決済に失敗した分が30分後に再販売されるんです。私はそれを知っていたので買えました。転売サイトでは18万円とかで売りに出されているのですからラッキーでした」

 12月14日、記者は横浜ベイホテル東急で行われた明菜のディナーショーに潜入した。チケットの額面は4万2000円である。

 500人超の客の男女比はほぼ半々で、年代は50代が最も多い。皆ばっちり着飾っている。

 グッズ販売コーナーは長蛇の列。5500円也のパンフレット――明菜の近影が数カット載っているだけ――が飛ぶように売れる。総額2万円、3万円のお買い上げはザラである。

 可もなく不可もないコース料理が終わると、会場が暗転。スクリーンにAKINAの文字が浮かぶ――いよいよ明菜の登場だ。

 背中が開いた純白のドレスに、何やらジャラジャラと装飾を施した冠状のものをかぶっている。“アキナー!”の歓声が飛ぶ。まずは最新アルバムから2曲を披露。3年前の紅白歌合戦で晒した弱々しさはなく、しっかりした歌唱である。

〈皆さん、元気ですか?〉

 明菜のトークが始まった。

“泣かないでー!”とファンの声。突飛な声援だが、

「去年は途中から明菜もファンも号泣でした」(同)

〈まだ2曲しか歌ってないから。泣いてないから〉

 と明菜。会場は大爆笑だ。

 ステージのティッシュを手に取ると、

〈お化粧取れちゃう。全部お化粧の力だから。ほっぺにティッシュ詰めてるの〉

 で、またもや会場大爆笑。何曲か披露した後も、

〈この年でこれだけ歌って踊るのはキツいんだから〉

〈帽子脱ぎたいけど、帽子の跡が付いてるの。だから脱げない。50超えると大変なの。20の時とは違うの〉

 と、明菜は自虐ネタでファンの笑いを誘うのだった。

 最後に、ファンが目を潤ませながら一言。

「去年も今年も、これが最後と思って観てました」

 飾りじゃないのよ涙は、ハッハーン!

週刊新潮 2018年1月4・11日号掲載

ワイド特集「犬も歩けばドッグ・ファイト」より