「桂文枝」最後の愛人の告白 “寂しがらないように電話を一日3回”“階下で弟子が稽古中に…”

芸能週刊新潮 2018年1月4・11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「桂文枝」芸の肥やしは最後の愛人(上)

「将来は一緒に住んで、俺の介護をしてほしいんや」。そんな男の言葉を、女はつい本気にしてしまった。だが、所詮“女遊びは芸の肥やし”とばかりに、身体を弄ばれただけだったのか。「最後の愛人」が明かす関西落語界の大御所・桂文枝師匠(74)との愛憎8年間――。

 ***

...

記事全文を読む