エイズ治療の最前線 「死の病」との戦いはどう進化したか

ライフ週刊新潮 2017年12月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

子作りまで可能になった「エイズ」治療の最前線――菊地正憲(上)

 世界中に掲げられたレッドリボン。12月1日、世界エイズデー恒例の光景である。昨年、2017年はエイズ治療薬が世に出て30年。医療は急速な進化を遂げ、「死の病」は、子作りも出来るまでにコントロール可能な病となった。ジャーナリスト・菊地正憲氏による、治療最前線。

 ***...

記事全文を読む