犬好き感涙! 鞭打たれる仲間をかばう、ボス犬の愛

社会2017年12月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 世界最北の村、グリーンランドのシオラパルクでは、犬ぞりが大切な移動手段になっている。北極圏ではスノーモービルが主流になっているところも多いが、燃料を持参しなくてはいけないから長距離が走れない、故障したら極寒の氷海に孤立する、爆音で猟の獲物が逃げてしまう……など、いろいろ問題があるらしい。この村では、今でも急病人の搬送など特殊な場合を除いて、スノーモービルを使うことがないのだとか。

 そうなると、優秀な曳き犬が不可欠。寒さや重労働に耐える体力はもちろんだが、なにより「人犬一体」、人の思い通りに犬たちが動いてくれなくてはいけない。...

記事全文を読む