貴乃花を突き落とす「検察」「読売新聞」巨大権力 協会に関係者

スポーツ週刊新潮 2017年12月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 貴乃花親方(45)が闘っている相手は、相撲協会の八角理事長(54)と横綱白鵬(32)の2人だけではない。その背後に揺らめくのは、「検察」「読売新聞」という2つの巨大権力。高くて分厚い壁に玉砕覚悟で挑む「孤高の親方」は、あっけなく土俵下に突き落とされてしまうのか、それとも――。

 ***

 相撲協会に任せたところで、元横綱日馬富士による暴行事件の真相が詳らかにされることは決してない。そう信じているからこそ貴乃花親方は弟子の貴ノ岩に対する協会の聴取要請を一貫して拒否し続けているわけだが、沈黙の背景にある“事情”について、本誌(「週刊新潮」)は繰り返し報じてきた。今回の事件の根本部分には、貴ノ岩が「ガチンコ力士」であるという事実があり、彼が警察の聴取に対して「ガチンコ」という言葉を口にすれば、それは供述調書という公的な書類に残される。公判でそれに言及した場合、傍聴した記者が記事にするかもしれない。貴乃花親方はそうした形で事件の真相が満天下に示されることを望んでいるわけだが、目下、彼の思い通りにコトが進んでいるとは言い難い。

〈元横綱日馬富士を書類送検、年内にも略式起訴へ〉

 読売新聞がそう報じたのは12月11日。鳥取地検に書類が送られたばかりというタイミングで、最終的に検察が下す「結論」について、時期まで明示して記事にしたわけだ。

「地検の担当者はまず送られてきた書類を読み込み、それから被疑者や被害者への聴取を行う。しかも、今回の事件は関係者が全員東京在住のため、東京地検に移送される可能性もある。それらが何も始まっていない段階で読売は“略式起訴へ”と書いたわけです。地検関係者は“結果ありきの捜査はあり得ない。処分内容は現時点では当然決まっていない”と激怒していましたよ」(地元記者)

 ただし、さる司法記者は、

「今回の事件は社会的な関心が高いため、鳥取地検から広島高検、さらに最高検まで報告が上がっている」

 と、明かす。

「ちなみに外国人が後輩の外国人を殴った事件、ということで外国人犯罪を担当する最高検の公安部が報告を受けています。そのため、もし事件を移送することになった場合、東京地検の公安部が担当することになるでしょう。また、書類送検直後というタイミングでも、高検や最高検が“年内に略式起訴”という緩やかな方針を決めていることは十分に考えられます」

 いずれにせよ、略式起訴となれば、公開の法廷で元横綱日馬富士を裁く公判は行われず、事件の真相が明らかにされることもない。そうなれば貴乃花親方の目論見は崩れ去ることになるが、“例外”もあって、

「略式の場合、担当は簡易裁判所になる。検察が略式起訴を求めても、簡裁の裁判官が“略式不相当”と判断することがあり、その場合、正式な公判が行われる。最近で言うと、電通の違法残業事件で簡裁が不相当判断を出した。今回の事件では、簡裁が横綱白鵬の事件への関与について疑問を抱いたりした場合、不相当判断が出る可能性もある」(検察関係者)

次ページ:3人の「読売関係者」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]