日本人初!「ジョン・マドックス賞」で注目される薬害騒動のゆくえ

社会2017年12月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 医師でジャーナリストの村中璃子さんが、イギリスの科学誌「ネイチャー」などが主催する「ジョン・マドックス賞」を受賞した。村中さんは、子宮頸がんワクチンの安全性を検証・発信してきたが、その功績が認められての受賞となった。日本人では初めての受賞となる。

 子宮頸がんワクチンは世界の約130カ国で使われており、2013年4月から日本でも定期接種が始まった。しかしワクチン反対派から「薬害が発生している」との抗議が相次ぎ、同年6月から「積極的勧奨」が見送られている。

...

記事全文を読む