「貴乃花」吊るし上げの親方衆が沈黙… 緊迫の理事会ドキュメント

スポーツ週刊新潮 2017年12月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

重大な危機管理ミス

 まず、危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)が事件に関する中間報告の内容を読み上げ、貴乃花親方に改めて調査への協力を依頼。

「お断りします」

 落ち着き払った様子でそう答えた貴乃花親方に対し、

「その理由を聞いているんだ!」

 と、声を荒らげたのは八角理事長だ。が、他の出席者から協力すべきだとの声が上がろうと、その場から相撲協会の職員が鳥取県警に電話をかけるという「不測の事態」が起ころうと、貴乃花親方は協力を拒否。ポーカーフェイスを貫いた。

「そんな中、八角理事長が理事らを指して“どう思いますか”と問い始め、当てられた人は言いにくそうに“協会員としては協会に協力すべきじゃないか”といったことを次々と述べていった。そうして八角理事長が貴乃花親方を追い詰めていったわけですが、次に指名された出席者の発言により、場の空気は一変しました」(先の相撲協会関係者)

 その発言は、以下のようなものだった。

 理事長らは危機管理マニュアルの19条に記された「問題が起こった際、危機管理委員会は協会員に指示命令することができる。協会員はそれに従わなければならない」という項目に則(のっと)って貴乃花親方を追及しているが、同じマニュアルの5条には「問題が起こった際、危機管理委員会はリスクを予見して適切に行動すべき」だともある。協会は11月2日には事態を把握していたのに、11月11日の理事会でそれを一切報告しなかった。これは重大な危機管理ミスだ――。

「八角理事長らはこの指摘に答えることができず、“今日のところは警察の捜査の後に貴乃花親方に協力してもらうということで”と話をまとめた」(同)

 その後、八角理事長が白鵬(32)と宮城野親方を厳重注意。異様な雰囲気のまま、理事会は終了したのだった。

特集「肉を切る『白鵬』骨を断つ『貴乃花』」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]