「富岡八幡宮殺傷事件」容疑者・富岡茂永が生前「週刊新潮」に訴えた“姉の密告”

社会2017年12月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「永遠に祟り続けます」

 夫婦が共謀して姉と運転手の殺害を企て、更には自害して果てた。常人には理解しがたい事件に違いない。そして、その夫は生前、「週刊新潮」の取材に応じていた――。

 ***...

記事全文を読む