鈴木愛、韓国勢を振り切り4年ぶり「日本人賞金女王」に

スポーツ週刊新潮 2017年12月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今季38戦中、外国勢が20勝――韓国を中心とする外国勢が国内女子ゴルフを席巻しているのは今に始まったことではない。だが賞金女王の座は、2013年の森田理香子以来4年ぶりに大和撫子が奪還した。

「もっとも、最終戦最終日まで4人に賞金女王の可能性が残るという、例年にない大混戦でした」

 とツアー記者が語る。

...

記事全文を読む