41歳で第3子妊娠の東尾理子 子どもを持つことについて「20代から考えるべき」

ライフ2017年11月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 プロゴルファーの東尾理子さん(41)が、第3子を授かったことを自身のブログで報告。第2子を授かった時に胚盤胞まで育った凍結胚をお腹に迎え、妊娠5カ月になったという。

 妊娠の報告に続き、東尾さんはブログに「妊娠適齢期」という記事を掲載。41歳で妊娠したことについて、「現代に生き、日本という国に生まれたからこそ、子供を授かる事が出来ました。50年前だったら、違う国だったら、、、きっと私は我が子を抱っこ出来る事は無かったと思います」と綴った。さらに「平均寿命、そして健康寿命はどんどん伸びてますが、女性の妊娠適齢期はそれに比例しません。同じままです。20代後半が、女性の身体が一番妊娠に適している年齢です。30代から妊娠力は低下していきます」と、妊娠出産にはタイムリミットがあると改めて警鐘を鳴らした。

 東尾さんは09年に石田純一さんと結婚。既に30歳を超えていたこともあり、すぐに「妊活」を始めたという。東尾さんは漫画家の小林裕美子さんが不妊治療体験を綴った『それでも、産みたい』(新潮社)のレビューで、自身の経験も踏まえながら不妊や子育てについて語っている。

「私は2012年に36歳で長男を、16年に40歳で長女を、いずれも体外受精で出産しました。もともと子供が欲しいと結婚前から希望していたので、09年に結婚してすぐ、いわゆる『妊活』を始めたのですが、当初は『妊活』という言葉自体も知らなかったくらいで、そもそも不妊治療にどんな方法があるのかさえ、知りませんでした。(中略)体外受精には、薬の副作用、高額な治療費、頻繁に通院するための時間のやりくり、夫婦間の意見の相違、精神的なストレス、妊娠しなかった時のやめどき……と、様々な不安や心配がつきまといます。

 子供を産んでみたいのか、自分の遺伝子を残したいのか、子育てがしてみたいのか、家族を持ちたいのか――作中で小林さんも自問自答を繰り返し、養子縁組について調べたりもしていましたが、体外受精によってでなくても、『子供を持つ』ということそれ自体が、自分が根本のところでどう生きたいと希望しているのかを見極める作業でもあると思うんです。それは30代から始めるより、20代から考え出した方が選べる道が多い分、絶対に良くて」

 東尾さんはブログでは「私は本当に幸運にも第3子を授かりました。けど、ここまでの道のりは、決して簡単なものでもなく、楽なものでもなかったです。そしてこれからの子育てにおいても、もっと若くに産んでいたら…と思う事は、更に増えてくると思います」とも告白している。そのうえで「多くの方が(女性だけでなく、もちろん男性も)、特に学生のみなさんが、自分のキャリアや家族像を計画、想像する時に、生殖について正しい知識を持ち、望んだものを幸せにおくれる事を願ってます」と、メッセージを送っている。

デイリー新潮編集部