来日トランプの“ご機嫌取り”に奔走した日本政府 同盟アピールの「事前騒動」も

政治週刊新潮 2017年11月16日号掲載

米中韓メディアが冷笑「トランプ父娘来日」の“おもてなし狂想曲”(2)

 この度のトランプ父娘の来日は、どうやって彼らのご機嫌を損ねることを避けるか、日本政府にとって気を揉む6日間となった。まず11月2日にやって来たのは、イヴァンカ・トランプ米大統領補佐官(36)。そのスケジュールは直前になるまではっきりせず、閣僚との会談や当日の夕食手配、はては銀座でショッピングの選択肢もあった警備準備など、ドタバタの対応となったのである。

 ***

...

記事全文を読む