“党籍剥奪でしかるべき”“考え得るなかで最悪”――身内が実名で「前原誠司」へ恨み節

政治週刊新潮 2017年11月9日神帰月増大号掲載

「小池百合子」「前原誠司」に身内からの罵詈雑言(1)

 ちょいと一杯のつもりがはしご酒となり、明日辛(つら)くなるのは目に見えていても録(と)りためていたドラマを深夜まで見続けてしまう。そして、傷跡が残るのは先刻承知の上でも瘡蓋(かさぶた)を剥(は)がさずにはいられない……。分かっちゃいるけど、やめられない。しがない我ら衆生の悲しい性である。

 ゆえに、言うまい、飲み込もうと頭では考えていながら、一杯ひっかけずにはおれず、ついつい愚痴が口を衝(つ)いて出てしまう。赤提灯が決してこの世からなくならない所以(ゆえん)だ。小池百合子(65)、前原誠司(55)両氏に「一杯食わされ」、敗北の坂道をころころと転がり落ちた面々も、地獄の選挙は前月の過ぎ去ったこととはいえ、未だどうにもこうにも腹の虫がおさまらない様子で――。

「死者に鞭打つようではありますが、前原さんは万死に値します」

 真正面からこう憤懣を爆発させるのは、元TBSキャスターで「置いてきぼり」にされた民進党の杉尾秀哉参院議員(60)だ。

「そもそも前原さんは、希望の党との事実上の合流を決定した9月28日の両院議員総会で、民進党の候補者を全員連れて行き排除はしない、政策も自分が責任を持って小池さんと協議すると言っていたのに、ことごとく嘘でした。この政治責任はあまりにも重い」

 そして、そんな前原氏の「本質」をこう斬る。

「産経新聞のお決まりのフレーズみたいですが、やっぱり彼は『言うだけ番長』だったということになるのかもしれない。政策についても候補者についても、もっと詰めてから動くべきでした。民主党時代から約20年積み上げてきたものが、ひとりの人によって一瞬にして破壊されてしまったんです。前原さんはなぜすぐに代表を辞めなかったのか。彼が居座った分だけ、党の形が決まらず、民進党の再生は遅れ、地方の組織も動揺した。再来年の参院選に向けた候補者選びだってままならないし、立憲民主党に有権者の支持も候補者も流れていった」

次ページ:「100名以上の同志を…」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]