永代供養に落とし穴 高野山の名刹「120億円」納骨堂ビジネスの破綻

社会週刊新潮 2017年11月9日神帰月増大号掲載

永代供養に落とし穴「120億円」納骨堂ビジネスの破綻――伊藤博敏(上)

 その簡便さから近年、特に都市部で建設が相次いでいるビル型納骨堂。心静かに先祖を供養する場所で、煩悩丸出しのマネーゲームが繰り広げられていたとしたら――。都心一等地にある高野山の名刹を舞台にした騒動を、ジャーナリストの伊藤博敏氏がレポートする。

 ***

...

記事全文を読む