「72時間TV」元SMAP3人と森且行で「視聴者数6000万人」キー局真っ青

エンタメ 芸能 2017年11月5日掲載

  • ブックマーク

「ふざけんな!と思った。これからだと思ったし、なんで言ってくれなかったんだって」

 今から21年前、下積みを重ねたSMAPにようやく人気が出始め、まさにこれからという時、メンバーの森且行から脱退を知らされた当時の香取慎吾が思ったというホンネだ。しかし、森もまた、思い悩んでいたという。子供の頃からの夢であるオートレース選手になれる最後のチャンスを逃したくはなかったし、いまSMAPを抜けていいものか――。

 これが生で放送されたのが、インターネットテレビ局AbemaTVの「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」。ジャニーズ事務所を去った元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人による11月2日午後9時から3日間、ぶっ続けの生放送である。放送は同局社長である藤田晋(44)の持つ軽井沢の別荘から始まった。都内に移動し、脚本家の三谷幸喜(56)や山田孝之(34)、市川海老蔵(39)らをゲストにトークを繰り広げた。

 3日夜に堺正章(71)と行われたトークの舞台は六本木の焼肉店「An」で、ここはSMAPが解散した昨年12月31日に、稲垣・草なぎ・香取と中居正広(45)、森且行(43)、平たく言えば木村拓哉(44)を除いた元SMAPが食事をした曰く付きの店である。そこではかつてザ・スパイダースの元祖アイドルともいえる堺から、グループ解散後の個々の生き方についてのアドバイスに神妙に耳を傾ける3人の姿があった。しかし、「木村君にも中居君にも頑張ってもらいたい」との堺の言葉に3人は反応を示さない。彼らから「SMAP」という言葉すら発せられることはなかった。

次ページ:「森くん」のキーワードが世界1位を獲得

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]