惨敗の小池百合子、選挙終盤で漏らしていた“理解できないことばかり”

政治週刊新潮 2017年11月2日号掲載

 この度の総選挙で、小池都知事率いる「希望の党」は235人を立て、「政権奪取」を目標に掲げた。が、結果、獲得したのは50議席。排除したはずの立憲民主党の後塵を拝し、野党第一党の座すら手に入れそこねた。「お膝元」の東京都でも、25選挙区中、選挙区で勝ったのは1人のみ。まさに「惨敗」としか言いようのない負けっぷりだったのである。

...

記事全文を読む