山口敬之の「韓国軍に慰安婦」捏造疑惑 根拠となった米公文書を“意図的に読み換え”?【検証2】

社会2017年10月31日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

週刊文春「韓国軍に慰安婦」記事は山口記者の捏造か(2)

 TBSワシントン支局長時代の山口敬之氏(51)が週刊文春に寄稿した「韓国軍に慰安婦」記事(2015年4月2日号)に浮上する捏造疑惑。リサーチャーを務めたグリーン誠子氏が、記事のベースとなる米国公文書を発見したのは14年夏のことだった。

「山口さんはこれを読み、韓国軍が経営している慰安所という理解でいいのかと私に聞きました。これに対して“そう思います”とお答えしたのをはっきり覚えています。同盟国の軍隊、しかも米軍の先を行き、一番危険な任務を帯びていたほどの国の司令部に、このような“手紙”を出すのは特殊なこと。米軍側がそうせざるを得なかったのは、余程のことがわかったからではないでしょうか」(グリーン氏)

 他方、彼女はこうも忠告していた。

「公文書を送った米国側の高官たちが生存しているなら取材のアポイントを取るべき。それが無理なら現存する米政府内の担当省庁の高官たちに取材し、資料を示してその内容の深さを推し量ってもらいたい、とね」

 ***

 グリーン氏が発掘したその文書は、ワシントン市街からシャトルバスで40分ほど走った米国国立公文書館2号館、通称「アーカイブII」に存在する。

 時期は1969年、宛先は韓国軍ベトナム指揮官・蔡命新中将。全文とその邦訳は配信中記事「山口敬之の“韓国軍に慰安婦”捏造疑惑 米公文書を全文公開」にて紹介するが、中身は次のような米当局の捜査報告書だ。

・無許可で離隊した米兵が通貨不正取引に関わった。調査すると、会合場所がサイゴンのトルコ風呂(註:公文書中では「ターキッシュバス」と表記)という施設だとわかった。

・手入れの結果、駐屯地売店で取扱う大量の免税品を押収。韓国軍のトラックが駐屯地売店から横流しされた米国製ビールを荷下ろしするのも目撃された。

・トルコ風呂の所有者は、ベトナム駐屯韓国軍特別サービス補佐官の大佐の署名が入った文書を提出した。そこでは、トルコ風呂は韓国軍のみに便益を提供する韓国軍福利センターだと述べられている。また、押収された物品の返還を求め、韓国防諜部隊長の大佐が署名をした文書も提出された。

・米国側捜査官らは米軍関係者の施設への関与を明らかにしようと、ベトナム関税警察と協力して調査した。

〈調査の進展とともに明らかになった事実は、以下の通りである〉として、こう続く。

・トルコ風呂は韓国軍のみの便益のために営業していたわけではない。むしろ一般に開かれたものであると思われ、ベトナム国籍を有する者は除くものの、一般大衆にもサービスを提供しているようである。

・ベトナム人ホステスが“サイゴンティー”を買うように薦め、夜は売春が行なわれている。料金は38ドル。

 そして文書は、違法行為に加担した韓国軍大佐ら6名、米兵ら3名を名指しして終わっている。

次ページ:慰安所という言葉はない

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]