偽装大国・中国もビックリな「GDP4%成長」政府発表 そのカラクリを解説

社会週刊新潮 2017年10月19日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

政府発表「GDP4%成長」実は「マイナス9・9%」のカラクリ――田代秀敏(下)

 内閣府が発表したGDP「4%」成長のニュースには、国内のみならず海外でも驚きをもって受け止められた。しかし、発表からひと月も立たない9月8日には、4割近くも下方修正した数値が。それどころか、実際は「マイナス9・9%」という数値も出ていたのである。クセモノは「季節調整」であると、田代秀敏氏は指摘する。

 ***

 まず、GDPの作成にあたって経済社会総合研究所は、各業界団体・官庁から報告される販売額や民間在庫、設備投資額を積み上げてゆく。そして、全く加工されていない「名目GDP」を算出する。

 今年4〜6月期の名目GDPは「速報値」で134兆5563億円だった。ただし、これは物価の上下を考慮していない。

 経済社会総合研究所は、ここから総合的な物価指数を示す「GDPデフレーター」なる指数を用いて、「実質GDP」を弾き出す。だが、これではまだ不十分。GDPに“季節性”を加味しなくてはならないからだ。先に紹介した「季節調整」を入れるのである。

 GDPなのに「季節」とは何ぞやと思われるかもしれない。だが、ここからが「4%」成長のカラクリに触れる部分である。

次ページ:「季節調整」とは

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]