裸芸人の明暗「とにかく明るい安村」と「アキラ100%」 髭男爵が直撃

芸能新潮45 2017年10月号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「安心してください、穿いてますよ!」の決めフレーズで一躍時の人となった、とにかく明るい安村。しかし、ブレイク翌年の2016年、「週刊文春」の不倫報道によってテレビから姿を消し、「一発屋」の烙印を押されてしまった。彼と入れ替わるようにして、全裸芸人・アキラ100%が登場し、裸芸人界の勢力図は完全に入れ替わった。

 2人はいま、何を思うのか?髭男爵・山田ルイ53世が取材した。(以下「新潮45」10月号より一部引用)

 ***

「正直、2016年はまだ普通にテレビに出られるだろう、その次の年からが勝負、と考えてたら、いきなり出鼻を挫かれた」(とにかく明るい安村)

 ゲス不倫、いや、文春恐るべし。

 御時世と言えばそれまでだが、昨今は、“有名税”の高騰が著しい。無茶な年貢に苦しめられた江戸時代の農民と同様、高すぎる税率に有名人は四苦八苦している。もはや、不貞=死……決して大袈裟ではない。

 SNSのやり取りまでもが世間に晒され、辱めに遭い私生活は破綻、更には得体の知れぬ匿名の“世間”に道義的責任を追及され、結果、仕事の大部分、時には全てを失う羽目になる。世は正に、「失楽園」となった。

「『こんなしょーもない若手、取り上げなくて良いだろ!』とか、芸人らしくツッコんで終わりにしてたらまだ面白かったのかな……どこか曖昧に、中途半端にしたまま引っ張ったから、長引いたのかな、と……。不倫(報道)ブームだったし……」

 当時の往生際の悪さを、今また往生際悪く反省する安村。

 勿論、その往生際の悪さは、“再起”に向けても遺憾なく発揮されている。(中略)安村は現在試行錯誤の日々を送っており、諦めてなどいない。

 しかし、失速してしまったのは事実。

 そんな安村と入れ替わる様に、一人の芸人が台頭する。

“安心”の安村、緊張のアキラ

「やはり、意識はします。コインの表と裏ですから、僕と安村さんは」

「情熱大陸」のインタビューと勘違いしているのか、過剰にハンサムな口調で答える男。

 全裸で舞台に登場し、手にしたお盆を駆使して股間を隠す芸で、只今ブレイク中のピン芸人。

 アキラ100%である。

 何の悪戯か、神は同じ時代に2人の“全裸芸人”を世に遣わしたのだ。

次ページ:真逆の全裸アプローチ

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]