失敗は許されない「キムタク」最新映画、選び抜いた共演女優

エンタメ 芸能 週刊新潮 2017年9月7日号掲載

  • ブックマーク

映画俳優をメインに

 この作品は、連続殺人事件を追いかける刑事が、残された暗号から次の犯行現場がホテルであることを掴み、潜入捜査を試みるというもの。もちろん、刑事役はキムタクである。

「これまで木村は映画を撮ると次にドラマの仕事を入れてきました。ところが今回は、来年の1月ドラマまで仕事を入れず、映画を続けることにしたのです。“これからは映画俳優をメインにやっていきたい”という意向が強く働いてのこと。年を取っても続けられると考えてのことでしょう」(同)

 相手役も選び抜いた。

「映画ではホテルマンに化けた刑事の教育係として女性のフロントクラークが登場しますが、ヒロインとしてキムタクと掛け合いを演じることになる。白羽の矢が立てられたのは長澤まさみです」(同)

 ご存じ長澤は東宝シンデレラ出身だが、最近はコメディも奔放な女性役もこなせる旬の女優。

 が、映画評論家の北川れい子氏が心配げに言うのだ。

「今の人気からすると長澤の方が主役を食ってしまうかもしれません。キムタクと同世代といえば、大森南朋や中村獅童がいますが、癖のある役が出来る彼らと比べるとキムタクは中途半端な二枚目なんですね」

 脚本も「HERO」の福田靖氏が決まっているとあってまさに黄金メンバー。これだけ揃えてズッコケたら……。冗談でなくキムタクの正念場である。

ワイド特集「天つたふ日ぞ 楽しからずや」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]