猶予なき拉致問題 「横田滋さん」の心の支えは松田聖子

社会週刊新潮 2017年8月31日秋風月増大号掲載

 何一つ進展の見られない、拉致問題。ジャーナリストの田原総一朗氏から「政治生命を賭けた冒険」を進言された安倍総理が、近々、何らかの仕掛けを打つのではないかとの憶測も呼んでいる。だが、簡単に解決できそうにないことに変わりはない。「家族会」の代表を長年務めてきた横田滋さん(84)はこの間、松田聖子の歌を心の支えに、娘のめぐみさんの帰国を待ち続けてきたという。

 ***

 拉致被害者の支援組織「救う会」の西岡力会長によれば、

...

記事全文を読む